{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

柿渋染野菜巾着袋 柿渋色 麻紐

3,850円

送料についてはこちら

柿渋染野菜巾着袋です。 玉ねぎ、じゃがいも、里芋、ニンニクなどなど風通しよく保存したい野菜の保存や、量り売り野菜の購入時に役に立つ巾着袋を作りました。 柿渋染めのガーゼ生地なので程よい風通しに、抗菌、防腐、消臭、防虫という柿渋の効能が合わさって根菜類にぴったりです。 こちらは柿渋染め無媒染の麻紐バージョン。 麻紐は少し華奢なイメージです。 繊維が気になるかもしれないですし、そんなに強くないです。 でもこの雰囲気が柿渋染めに妙にマッチしてます。 丈夫な紐をご希望の方は綿糸双依バージョンもご用意しているのでそちらがお勧め。 とはいえ、風通し重視でガーゼ生地を使用しているので重いものの持ち運びというよりお家での保管や軽い物を入れるのに適しています。 初めのうちは生地が硬くて紐を縛りにくいですがだんだんと馴染んで柔らかくなります。 柿渋染めは生地にハリを与えるので、紐を縛るとコロンとした形状に。 お野菜の保存以外にもお弁当箱入れや旅行用の靴下、下着入れなんかにも重宝しそうです。 最初のうちは生地が硬くて紐を縛りにくいですが、徐々に柔らかくなり縛りやすくなります。 ー柿渋(かきしぶ)ー 地元の余剰渋柿を有効活用して「柿渋」を手作りしています。 「柿渋」とは渋柿を粉砕、熟成させて作る古代からある天然染料で、塗料として使えば、防虫・抗菌・防腐・消臭効果を発揮し、更に木材防腐剤・合板などから発生するホルムアルデヒドを吸着し無害化したり木の呼吸作用を妨げず寿命を延ばします。 布に染めれば抗菌、防腐、消臭、防虫作用を与え、更に染め重ねることで被膜を形成するため耐水性や防汚性に優れた丈夫な布になります。 以前は魚網や傘にも塗られていましたし、柿渋を含ませた和紙は呉服の文様を染める時に用いられる伊勢型紙となります。 かつては民間万能薬としてやけどや切り傷、虫刺され跡への外用や、水で薄めてうがい薬として活用されていました。 ー太陽染めー 柿渋染めは、他の植物染めのように「薬剤」や「火」を一切使うことなく染めることができます。 空気中の酸素による酸化、太陽光の紫外線、湿度や温度などの自然の力を目一杯利用して色を濃くしていく染色方法は「太陽染め」と言われ、環境に負担をかけることはありません。 香春町の自然の中で一枚一枚丁寧に繰り返し手染めしています。 何度も染め重ねることで生地を丈夫にします。 ーオーガニックコットンー 薬や化学肥料を3年間使用していない土壌で、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された綿花で作った、日本製のオーガニックコットンを使用しています。 サイズ:縦約16cm × 横約32cm× マチ約8cm(誤差有) ◆お手入れ方法 ・洗濯は中性洗剤で優しく手洗いしてください。 (※蛍光剤の入った洗剤塩素系漂白剤で洗うと色落ちします。) ・色落ちする可能性がありますので、他のものと一緒に洗濯しないでください。 ・アイロンをかける場合は、低温で当て布をしておかけください。 ◆ご注意点 ・商品によっては色ムラがございます。 どれも「個性」として認識しているためB品ではございませんので、返品交換は致しかねます。 ・できるだけ実物の色に近いよう画像を掲載していますが、ご覧になるブラウザやスマートホンなどの環境により、色の見え方に違いがある場合が御座います。 ・染色により、記載の大きさより若干の誤差が生じる場合がございます。 ・他店舗でも販売しており、ご注文のタイミングによりましては、極稀に在庫がない場合が御座います。その場合、ご連絡の上「キャンセル」「在庫待ち」などのご対応になることが御座いますので、ご了承下さいませ。 ・プレゼント等でお届け先が異なる場合は、備考欄に納品書の有無をおお書きください。 ◆発送について 発送までに2〜3日ほどお時間いただいております。 土日祝日のご注文分は翌月曜日もしくは祝日明け以降の発送となります。 ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

セール中のアイテム