パンヤノバック
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

パンヤノバック

¥4,950 税込

送料についてはこちら

パンヤノバックは、手作りした柿渋を使い、薬剤を一切使用しない「太陽染め」で手染めし、蜜蝋でコーティングしたパン用のバックです! パンの個別包装「もったいないな」と感じたことはありませんか? この『パンヤノバッグ』は「パン屋さんの個別包装を減らしたい」「ゴミを減らしたい」という思いから生まれました。 パン屋さんでパンを買ったら、店員さんにこのバッグにパンを入れてもらってください。 このバッグなら洗って何度も使えます。 カレーパンやガーリックトーストを入れてもパンヤノバッグは、蜜蝋でコーティングされているのでそのまま鞄に入れても鞄の中の物を汚してしまうことはありません。 ただ出来立て熱々のパンは蜜蝋が溶けてしまうため使えなかったり、ご使用にあたってご注意いただく点はいくつかありますが、大切に使っていただければ長くご使用いただけます。 エコバッグが当たり前になってきた昨今、次は「パン屋に行くときはパンヤノバッグを持って」が日常になると嬉しいです。 パンヤノバッグは、福岡県香春町(かわらまち)の地域資源を有効活用してできた商品です。 制作工程や素材にこだわった、本当の「安心安全」をお届けします。 ・柿渋(カキシブ) 香春町の余剰渋柿を有効活用して「柿渋」を手作りしています。 その香春町産柿渋と、柿渋を通じて知り合った広島県にあるとても素敵な柿渋工場のものをブレンドして使用しています。 「柿渋」とは渋柿を粉砕、熟成させて作る古代からある天然染料で布に染めれば抗菌、防腐、消臭、防虫作用を与え、更に染め重ねることで被膜を形成するため耐水性や防汚性に優れた丈夫な布になります。 ・太陽染め 柿渋染めは、他の植物染めのように「薬剤」や「火」を一切使うことなく染めることができます。 空気中の酸素による酸化、太陽光の紫外線、湿度や温度などの自然の力を目一杯利用して色を濃くしていく染色方法は「太陽染め」と言われ、環境に負担をかけることはありません。 香春町の自然の中で一枚一枚丁寧に繰り返し手染めしています。 ・蜜蝋(ミツロウ) 「蜜蝋」とは、ミツバチが巣を形成するため、働きバチの腹部にある分泌腺から分泌するロウで、はちみつを 絞ったあと、巣を溶かし不純物を取り除いてから使用します。 天然の保湿性、抗菌性、抗酸化作用があると言われているので、食べ物の鮮度を保つことができるのです。 パンヤノバッグの蜜蠟は、香春町で養蜂業を営んでいる「森友養蜂場」のものを使っています。 また、本当に「安心安全」だと言える商品を作りたいという思いからコーティングにはこの蜜蠟のみを使用しているので、一般的に販売されている「蜜蝋ラップ」に比べ粘着力は落ちてしまいます。 そこで、縫製してパン専用の持ち帰りバッグにしました。 ・オーガニックコットン 薬や化学肥料を3年間使用していない土壌で、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された綿花で作った、日本製のオーガニックコットンを使用しています。 品質は安心安全な物質を使って作られた製品だけに与えられる、世界基準の認証試験をクリアしており、作業工程においても、国際基準で認証されたテキスタイル製造工程で生産されています。 全て手作りなので同じものは一つもありません。 染めムラは全て個性と捉えています。 ボーダーのようになってるもの、トラ柄のようになってるもの、点がついてるもの。 全部B品ではありません。 色も一つ一つ少しずつ違うんです。 どんな子があなたの元に届くのか楽しみにしていただけると嬉しいです。 白い粉のようなのは蜜蝋です。 たっぷりかかってる証拠なので、気にせずお使いください。 徐々に馴染んできます。 蜜蝋はとても熱に弱いです。 以下の点にご注意してお取り扱いください。 ・使用後はお水で優しく洗い、水気を拭き取り、自然乾燥の上保管してください。 ・油汚れなど汚れが気になる場合は、弱酸性の台所洗剤をよく泡立てて撫でるように洗い水ですすいでください。 ・お湯での洗浄、食洗機での洗浄はしないでください。 ・直射日光や高温の場所は避けてください。 ※干す時は風通しの良い日陰に干してください。 ・直火、電子レンジ、オーブン、冷凍庫での使用は出来ません。 ・焼き立て熱々のパンに使用すると蜜蝋が溶けてしまう可能性があるので、冷ましてからご使用下さい。 ・生肉、魚などの直接の使用は、熱湯洗浄できない為、雑菌が繁殖してしまう可能性があるのでお勧めしません。 ・レモンやパイナップルなど酸性の強い食品への使用は、酸が蜜蝋を解かしてしまうので、避けて下さい。 ・蜂蜜にアレルギーがある方は使用しないでください。 ・1歳未満の乳児の口に入るものには使用を控えてください。 パンヤノバックの詳細、メンテナンス方法などはパンヤノバックの公式ページに搭載しています。 ご覧になってからのご購入をお勧めいたします。 https://panyano-bag.com/